飲食店の経営者に必要な資格

飲食店開業には、どんな資格が必要なのでしょうか?調べてみました

飲食店を経営したい場合、誰でも直ぐに出来る?

飲食店経営を始めようと考えている人は、必ず必要な資格があるので忘れずに取得しましょう。 飲食店を開業する際は食品衛生責任者という資格を持っている人が一人でもいないとお店を開く事は出来ません。 また、店舗に入る人数によっては、防火責任者という資格も必要になってくるので確認しておくと良いと思います。

飲食店を開業するのに準備しておかなくてはいけない事とは

飲食店開業には資格を取得しておくのも準備の一つです忘れないようにしましょう。 資格をきちんと持っている人が店舗にいるのかを証明する為に行政機関に届出をしなくてはいけません。 特に、食に大きく関わっている食品責任者の資格は必ず所持している事を証明しておかないとお店を開く事が出来ないので要注意です。

開業時に必要な食品衛生責任者とはどんな仕事か

食品を安心して、お客様に提供出来る為には食品衛生責任者の人が常に管理をしなくてはいけません。 お店で出す食品の品質の良さや、調理をする場所が不衛生ではないかなどの確認を細かくしていくだけではなく、一緒に働くスタッフにも指導しなくてはいけません。 飲食店を経営している場所で、食の安全を守る仕事です。

おすすめリンク

梅干し健康法

日本の文化ともいえる梅干しを利用した健康法は地域によっても様々で面白いものも沢山です

まだまだ知らない牛タン

出回っているだけではない牛タンの魅力から通好みの味付けまで貴方が知らない牛タンの魅力を教えます

谷口和則が成し得た業績

谷口実業グループの代表・谷口和弘社長の業績は社会に貢献する企業を創立したこと!それが総てです!

なぜ谷口和則は起業したのか

今や多くの方から支持されている谷口実業の創立者・谷口和則はなぜこの時期に事業を展開したのか?

飲食店を経営するのに必要な資格を確認しましょう

最近、ちょっと気になるお店がいくつかあります。
そのどれもが、自宅とお店がつながっているような建物でやっている所ばかりです。
お店を個人で開く場合、何か資格とか必要なのでしょうか。

お料理が得意、お菓子作りが好き、コーヒーなどにこだわりがあるという人は、一度はお店をやってみたいなと思うのではないでしょうか。
狭い空間でもいいから自分らしいお店を開いてみたいと考えている人も少なくないです。
個人店が注目されている時代だからこそ自由で個性的なお店が人気なのだと思います。

料理を提供するお店の場合は国で決められた資格をどんな人でも取得しなくてはいけません。
お店の大きさは関係なく必要な資格なので確認しておきましょう。

必要な資格は二つあります。
食品衛生責任者・防火管理者と言うどちらも、責任のある資格です。
どちらも講習を受ける事で資格をもらう事が出来るみたいですが、お店を開きお客様が口にするものを提供するということは簡単ではありません。
きちんと勉強をして正しい知識を身につける必要は大いにあります。

料理を人に提供する際に責任を持って管理をする。
いい加減なものなど、お客様が体調を崩す様な事故が起こらない為にもそういった点は常に気にしていかなくてはいけません。

防火管理者については、店舗の中に入る人数が30人以上で資格を取得しなくてはいけません。
小さい店舗だから資格は必要ないだろと思わずに、開業するのであれば持っておいたほうが損のない資格だと感じます。

お店を開業する夢を叶える為にも、きちんと資格を取得して知識を得てからの方が自分の為にもなります。

食品衛生責任者と防火責任者、普段あまり聞きなれない資格ですが、お店に資格証が貼ってあるのをよく見かけます。
もう少し詳細を調べてみましょう。