飲食店開業には、どんな資格が必要なのでしょうか?調べてみました

>

飲食店を経営したい場合、誰でも直ぐに出来る?

飲食店を開業するのに必要な資格

個人でお店を開く場合、一人は必ず持っていないといけない資格があります。
食品衛生責任者と言う資格です。
食品を取り扱うお店には必ずいることが条件にされている、とても重要な資格です。
読んで字のごとくですが、取り扱っている食品の衛生面を管理する責任をおわなければなりません。

近年、飲食関連の事故が何件かあったと思いますがこういった事故が今後増えない為にも、資格を持っている人はお店の衛生管理を徹底しなくてはいけません。

食品の扱いは、とても難しいので資格を挑戦する際にしっかりと学ばなくてはいけません。
資格保有者は、お客様が安心して利用出来る店舗や施設にする為に他のスタッフにも指導していく事が大切です。

学んだ知識を存分に活かして、常に周囲に気を配り何かあった時は早めに対処出来るようにしておけば今後、事故も減っていくと感じます。

どうやって資格を取得するのでしょうか

開業して経営者になる場合、食品衛生責任者と防火責任者の資格を取得しておけば自分だけでお店を開く事が出来ます。
調理をする人は調理師免許も必要です。

それぞれ、どのように資格を習得していくのか調べていきましょう。
食品衛生責任者と防火責任者はそれぞれ講習を何時間か受ける事で資格を取得する事が出来ます。
費用は、食品衛生責任者は1万円で教材費も含まれているそうです。

防火責任者も同じように費用がかかります。
防火責任者の資格に関しては二日間講習を受ける事になるので、二日分の費用を支払わなくてはいけません。
講習の中でどれだけ内容を理解したかを確認する為に、試験もあると思うのできちんと話を聞いて大事な所はしっかり覚えておくようにしましょう。

調理をする人が持つ調理師免許に関しては、講習を受けるだけでは資格はとれません。
専門知識を身に付ける為に学校に通う必要があります。
開業するには色々と準備が必要ですね。


この記事をシェアする